地域型スポーツ・文化クラブへ

新しいクラブ文化がつくる、豊かな健康的ライフの実現

地域住民が楽しみを共有する活動・心地よいコミュニュケーション環境。
身体の健康、高揚感、経験や知識の共有。
安全な環境、安価な金額、オープンな受け入れ態勢。

MESSAGE

わたしたち、千葉スポーツライフアクティビティーズは、スポーツと文化を通して、健康的な生活を送ることを手助けする活動を展開しております。

まず、純粋にスポーツを楽しむという恩恵は、本来誰に対しても平等であるべきです。わたしたちは、年齢差、地域格差、人種間など、あらゆる「差」を縮めて、誰もがその場で楽しみを共有する空間を作って参ります。

今、スポーツは商業的な面が幅を利かせていることや、専門性の高さから、敷居が高いと感じる方も多いかもしれません。実はそんなことはなく、指導者による安全が確保された場所があり、ルールと道具があり、周りに対する思いやりがあれば、どんなスポーツも楽しめます。それが本来のスポーツのあるべき形です。

また、文化も同じく敷居が高いものと思われがちですが、絵画や音楽、物語に触れて感動や閃きを得る、根源はシンプルで楽しいものです。感受性を刺激し養う事で、より人生を豊かに感じることができます。

よって、スポーツであれ文化であれ、垣根はありません。できるときにスポーツを楽しみ、創造物に触れ、そこから得られる喜びを分かち合い、笑顔の花を咲かせること。それが未来の文化創造です。

まずは地域で、少人数の活動でも構いません。スポーツ・文化活動を展開していきましょう。

みなさんの人生を豊かなものにすること、誇れる地域の文化創造と発展のために尽くして参ります。

企業概要

名称一般社団法人千葉スポーツライフアクティビティーズ(CSLA)
法人ロゴ
理念幸せな人・未来・文化をつくる
理事長磯部 宙
理事小倉 奈緒子

理事紹介

磯部 宙

千葉スポーツライフアクティビティーズ代表理事
1977年千葉県生まれ。一般社団法人千葉スポーツライフアクティビティーズ代表。
スポーツを文化にすることを掛け声に、同企業を設立する。スポーツを楽しむための裾野を広げるため、各スポーツ分野の先駆者と様々な催しを計画し運営する。また、文化活動の他、知育教育にも主眼を置き、プログラミング教室なども手掛ける。プログラミングから得られる思考は、スポーツにも活かされることを提唱し、現在大学機関とカリキュラム作りに勤しむ。自身もサッカーやランニングを楽しみ、クラブ代表も兼務する。

わたしたちのビジョン

スポーツや文化を楽しみ学ぶ環境が整備されていないのが実情です。
それはなぜか、なぜわたしたちはスポーツクラブの設立へ向けて進んでいるのか、考え方と活動事例をご紹介します。

Why(なぜ?)

単純に不足しているものが多い

  • 運動する場所
  • 文化に触れる場所
  • 指導者
  • サポートの精神
  • 安全・安心な環境
  • 高い参加料

文化を醸成できなかった歴史背景

  • 部活が「運動・文化に触れる場所」。
    ⇒学齢期後は触れる機会がなくなる
  • 戦前の「体育」の印象
    ⇒強国を作る精神を鍛えるもの、という考え方

How(どうやる?)

文化創造を目的に、新しい時代に相応しい地域のクラブモデルを作る

文化を作るには長い年月が必要
「モデルケース」を作り、発信していく

  • スポーツや文化に触れる真の校用とは?
    →気持ちよくなるためにやるもの(喜び)
  • 共助の精神を育む
    →世代を超えた交流の環境でこそ学べる
  • 楽しむことを考える
    →共通言語不要で楽しめる事例を作る
  • 指導者、文化人の積極的発信
    →クラブが発信者側のハブとなり、サポートする

What(何をやる?)

スポーツ活動、教養・文化活動をクラブ主催で開催する

開催例

  • 未来のスキルを身に付ける
    →「プログラミングをみんなで学ぼう」
  • 世代間を超えたスポーツプログラム
    →「ウォーキングサッカー」、「バルシューレ
  • 正しい食文化講座
    →「野菜が持つ、本当のチカラ
  • テクノロジー社会の危険性を考える
    →「家族と考えよう、スマートフォンの扱い

他、様々なテーマで開催